• gokanweb

日々の積み重ねが未来を作る

日々の積み重ねが未来を作る


髪の悩みは十人十色。


これからの時期を見ると、癖っ毛さん達はそろそろ縮毛矯正したいなぁ。って思い始める時期だと思います。


ですが、近年になって縮毛矯正が思い通りにならなくなったというお声をよく耳にします。


『いつもはなんともないのに、今回どういう訳か物凄く痛んでしまった』


『この髪には縮毛矯正はかけられません。と、断られてしまった』


大体この2パターンです。


色々理由はあるかと思うのですが、大きな要因としては髪が縮毛矯正の負担に耐えられるだけの体力を無くしてしまった。


これだと思います。


と言いますのも、髪のダメージは放って置いても改善するものではありませんので、カラーなりパーマなりすれば髪の体力ゲージはどんどん減少していきます。


カラーなどのケミカルダメージだけではなく、日々のアイロンなどの熱によるダメージも同様です。


人の髪質にも色々ありますので、平均的な人よりも髪にダメージを追いやすい人はいらっしゃいます。


それこそ、日々の通勤で受ける紫外線の影響のみで地毛の髪色が退色してしまう人など、人それぞれですので、心配な方は是非美容師さんに相談してみてください。


カラーにしろパーマにしろ縮毛矯正にしろ。施術前のベースとなる髪の状態によって結果が異なります。


いい状態であれば、結果もいいものになりますし。


悪い状態であれば、結果も然り。という訳です。


そうなると、いい状態をキープできるようにしたらいいですよね?


例えば、カラーやパーマをする際は、必ずトリートメントなどの処理剤で毛髪を保護し補ってあげたりとか。


家でできることと言えば、ホームケアアイテムを適正なものにする。使い方も同様です。


シャンプーの仕方、タオルの使い方も物凄く重要です。


お風呂上がりに使うドライヤーも、毎日使うものですから、是非拘ってみてください。


家にドライヤーがない。そんな人は、今すぐ買いに行きましょう。


アイロンは人によるかと思いますが、週の半分以上使う人は拘るべきです。


使い方もそうですが、熱の負担は思っている以上に重大です。


この様に、一つ一つの結果が今の状態ですので、マズイ!と思った方は、是非これから意識してみてください。




閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示